楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

持ちすぎない暮らし

お風呂掃除を楽にしたい

お風呂掃除も苦手です。まめにやれば、水垢などもなくきれいに過ごせそうですが、それができません。気づけば、隅などに・・・カビが。限界というとき、シャワーを浴びた後カビハイターでシュッシュッします。 それでも、カビが落ちにくくこすり洗いが必要な…

すっきりした食器棚~手放すタイミングと選ばないこと

台所がなんだかすっきりしないのは、揃っていたものがいつのまにか揃わなくなった時。揃っていたはずの、スプーンもフォークも、お箸もコップもいつの間にか買い足して種類がバラバラになっている。でも、そうゆう細々したものこそ、まだ使えるので手放しに…

楽な台所~お茶碗洗いを楽にする

お茶碗洗いはあまり好きではありません。できれば、だれかが洗って欲しい。食器洗い機を使えば済むことですが、少ない食器で暮らしているため、まめに洗わなければいけません。 少ない食器で手洗いか、多めの食器で食洗器か・・・どちらが楽かと言われたら、…

楽な台所~少ない食器で拭かない暮らし

少ない食器で暮らし始めたのと食器洗い機が壊れた時期が重なり、今は手洗いの我が家。最初は不便に感じて、壊れた食器洗い機をなおそうか迷いましたが、少ない食器で暮らしてみたら、なくて大丈夫と思えるようになりました。 食洗器を使いながらたくさんの食…

年末は段ボール断捨離

「年末は大掃除」と思いますが本音はしたくない。換気扇や隅の埃をとる掃除は苦手です。でも、すっきり暮らすのは好き。だから「年末は断捨離」と考え直して、ためたモノを手放して循環させて・・・それを我が家の大掃除にしています。 モノを減らしても、モ…

増やす前に~収納先を考える

掃除道具や調理器具は、あったら便利で美味しく料理できるなら欲しくなります。欲しい・・・でも、どこに収納する? 少ないモノで暮らしはじめ、週に数回使うモノやたまに使うモノは、出しっぱなしにせず、収納して使うほうが掃除が楽ですっきり。増やす前に…

探さない暮らし~1つで大丈夫

「使う時ないと困る」と気づけば増えているものは・・・爪切り、体温計、耳かき。ちゃんと数えてみたら、爪切りは3つ、体温計は3本、耳かきは形を変えて4本ありました。買ったままケースに入っているものもあり。 多ければ、引き出しは結構ゴチャゴチャで。…

楽な家事のため~モノを減らす、使い切る、増やさない

どんなに使いやすく上手に収納しても、どんなに工夫して手早く調理できても、どんなに便利なお掃除グッズを活用しても、「モノが多ければ難しい」「モノが増えれば難しい」・・・ここ数年でやっとわかりました。 リビングの収納は、きれいにきっちり収納でき…

すっきり収納するため~場所を取らないアイロンマット

夫や子供のワイシャツはノンアイロンタイプ。時々家族のパンツやシャツを、朝の忙しい時に慌ててかける感じの我が家。 使う頻度はそれほど多くないけれど、さっと使いたいからリビングの収納にいれておきたい。でもそれなりに場所をとってしまうアイロン台。…

子供達と将来のために~先取り貯蓄

はじめて就職した時、母から「毎月〇〇円と決めて先取り貯蓄して、後は使ってもよいと思ってやりくりするんだよ」と言われました。 先取り貯蓄は、給料日に定期預金として別口座に自動的に移動され、ハンコと身分証明書を持って窓口に行かないといけないから…

少ない服で暮らす⑪~服欲を抑えるために

服が大好きで、たくさんの服を持っていました。 フルで働いていた時は、「着る服がないから」「新しい服が欲しいから」と色々なお店をぐるぐるして、「いいな」と思ったものを買いました。それは、シャツだったりセーターだったりコートだったり、これという…

楽な台所~すっきりした冷蔵庫「食材を使い切ると決める」

冷蔵庫も冷凍庫も、昔はたくさんの食材が入っていました。もったいない話ですが、奥が見えなかったり取り出しにくいので、いつの間にか傷んだ葉物、いつのものかわからない食べかけの瓶類、食べきれなかった作り置き、賞味期限がきれて食べれるような食べれ…

楽な台所~少ない数でも大丈夫

台所のものは、細々したものがたくさん。重ねすぎたり、ゴチャゴチャとモノが多ければ、取り出しにくくしまいにくい。 soramame1205.hatenablog.com ボールやザルは、多めにあったほうが便利と思っていました。。大中小のガラスボールやプラスチックのものな…

少ない服で暮らす⑨~短く使うと決めるもの

「下着こそ上質なものを」と何かで読んだことがあります。そうしたいのですが、我が家の下着は「お手頃なものを短く使う」と決めました。 我が家は、少ない下着を使い回すため消耗は激く。上質なものを使ったら、破れにくいと思うのですが、頑固な汚れをまめ…

少ない服で暮らす⑧~仕切りに入る分の下着をもつ

下着は、気づけは増えていて。穴が開いた、汚れた・・・と買い足して、でも、まだ履けるモノもあると捨てきれない。収納はいつもゴチャゴチャでした。 持ちすぎないよう、下着の数を決めて持ったり、1年に1回下着を入れ替える方法もあるけど、それがなかなか…

少ない服で暮らす⑦~夫の服はよいものを長く

夫は、服にあまり興味がありません。仕事はスーツで、週末に着る服が少しあれば大丈夫と。 少なくてよい分、夫の服や靴はよいものを。男性の服は、女性ほど流行に流されないし、流行を追う歳でもない。定番で少しよいものは、丈夫で長く着ることができる。洗…

楽な掃除機~なるべく何も置かない床にする

掃除機かけは苦手です。できればまるくかけたいし、モノをよけたりするのもちょっと面倒です。 我が家はモノであふれていました。テーブルやいす以外にも、雑誌を積み上げていたり、植物、ちょっとおしゃれだなと思う置物や雑貨、子供の紙ゴムやブラシを入れ…

少ない靴で暮らす⑥~防寒靴も丈夫でおしゃれなものを

雪国の防寒靴は大切。大雪で、雪はねされていない道をガシガシ歩かなきゃいけない時もある。雪が降ったりとけたりを繰り返せば、靴はびしょびしょで汚れてしまう。中まで濡れてしまえば朝まで乾きにくく、それを繰り返せば傷みは早い。 だから、浸みることの…

少ない服で暮らす⑤~秋冬はアウターと靴できまる

秋冬のおしゃれは、アウターと靴で決まる気がして、昔は、コート、ジャンパー、フリースなど10着以上、靴も4足以上・・・たくさん持っていました。 少ないモノで暮らしはじめたら、着ないものをたくさん持つより、質がよいお気に入りを少し持つほうが、暮ら…

楽に冷凍庫の中を使い切る

冷凍庫の中は、「これいつのだろう」「あっ、これあった」というのがよくあって。使い切れず冷凍焼けしているものもでてきたり。楽にきれいに使い切りたい・・。 「これいつのだろう」というのは、たいてい小分けしたお肉。少しだけど何かに使おうと冷凍した…

調味料の選び方~我が家の適量サイズ

冷蔵庫や台所の引き出しには色々な調味料。使い切れず、もうどのくらい前なのかわからないものもある。そうなると手がでない。そんな瓶や容器がたまった冷蔵庫や引き出しのゴチャゴチャはきつい。そして覚悟のいる撤去作業。使い切れなかった調味料の中身を…

少ない服で暮らす④~定番服の力

フルで働いていた時、好きなように服を買っていました。少しゆっくり家にいたくなりパートになると、前ほど好きなようには買えない・・・苦しいと思う時期がきて。クローゼットには沢山の服があったのに、「欲しい欲しい」と思っていました。 家にいる時間が…

少ない服で暮らす③~アウターはよいモノを長く着る

少ない服で暮らすコツは、アウターは少し質の良いモノで、本当に好きな一枚を探すこと。 アウターの質の良いものは丈夫で長く着れる。そして本当のお気に入りなら、嬉しく長く着れる。もう10年近く着ていた薄手のアウター。そろそろ新しいものと思っていたけ…

少ない服で暮らす②~タートルの選び方

少ない服で暮らすなら、いつも着るタートルやTシャツこそ、自分に似合う形が欲しいと思うようになりました。自分の体形に似合うなら、温かい時期は一枚でも素敵に着られるし、寒くなれば一枚上に重ね着すれば、少ない服でも長いシーズン着回せて便利だから。…

少ない服で暮らす①~2~3シーズン着回せる服を持つ

少ない服で暮らし、衣替えがない暮らし。 服が多い時は、何が足りなくて何を買い足さなきゃいけないか考えることなく、「今シーズン着る服がない、買わなきゃ」と思っていました。考えてみると、ただただ欲しいだけでした。 少ない服で暮らし始めたら、ある…

楽な季節の変わり目~衣替えのない暮らし

もともと服が大好きで、若い頃からたくさん持っていました。共働きと子供育ての忙しさから、出かければ「今しか買えない」とあまり考えもしないで買い、同じような服が沢山でした。買ってから「あー同じようなの持ってた」と思っても、働いていたこともあり…

楽な台所~持ちすぎないこと

料理をする時、道具はいくつかないと困ると思っていました。当たり前のように、2つ3つありました。 へら2本、菜箸は長さのちがうもの3膳、おたま3つ、皮むき器2つ、缶切り2つ、鍋つかみ3つ、キッチンバサミ2本など・・・。たくさんあれば、いつのまに…

収納ボックスを持たない暮らし

家を建てた時、たくさんの収納ボックスを買いました。きれいに、たくさんのものを収納するためです。でもどんどんモノが増えていく中で気づいたのです。使わないモノをただ入れているだけだと。いつか使うから、衣替えの服をいれるのに必要だから、思い出の…