楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

食器収納のコツ~重ねないこと

 

 

 若い頃から食器が好きでした。食器棚は、「お気に入りの使わない食器」と「普段使いの食器が」ぎゅうぎゅうでした。大きさの違う平皿を2種類づつくらい重ねないと収納できない食器収納。必要なお皿を片手ではサッと取り出せず、ガチャガチャと取り出しにくい。2種類づつ重ねれば高さがでて、その奥にある食器もまた取り出しにくい。取り出しにくいということは、しまいにくい。

 

色々収納道具を使って工夫してみましたが、やっぱり使いにくい。我が家がいつも繰り返している失敗・・モノをきれいに移動させるだけの整理整頓。必要なモノとそうでないモノを一緒に収納してしまっている。

 

「さっと取り出して、さっとしまいたい」そう思いました。

 

やってみたことは・・・やっぱり食器を減らすこと、それが一番でした。

1、お気に入りの食器は、もったいないと思っても普段使いにおろす。(もったいないと使わず数年以上、30年後に使うのかな?それは違う)

 

2、普段使いと思っているけど、使っていない食器はたくさん・・手放そう。(人が沢山来た時、食器が足りないと困るかな?なんとかなる・・紙皿でもいい)(料理別にお皿が必要かな?・・1種のお皿で色々な使い方はできるはず)

 

3、種類の違うお皿は、重ねないと決めよう(そこまでの量に減らす)

 

4.デザート皿は自分の大切な趣味。ちゃんと取っておこう。

 

そんなふうに、すこしづつ減らしていきました。

 

f:id:sitaiwakachi:20180315103709j:plain


上は、デザート皿以外の普段使いの食器棚。もともとの3分の1?半分くらいの量になったかもしれません。

 

f:id:sitaiwakachi:20181212101031j:plain

 

一種のみのお皿なら、片手でサッと取り出せます。しまう時は、扉を大きく開けて、両手でサクサクしまえます。奥のお茶碗類も取り出しやすい。

 

少ない食器で、家事を楽にする。

 少ない食器で暮らすコツは、また次回。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村