楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

収納ボックスを持たない暮らし

 

 家を建てた時、たくさんの収納ボックスを買いました。きれいに、たくさんのものを収納するためです。でもどんどんモノが増えていく中で気づいたのです。使わないモノをただ入れているだけだと。いつか使うから、衣替えの服をいれるのに必要だから、思い出のモノだからと次々にいれて、安心してました。

 

収納ボックスがきれいに並んでいると、片付いている感がありました。中が多少汚くても気にならないし、とりあえずモノを入れてしまえとなりました。そうしているうちに、収納ボックスはどんどん重くなり、ずらすのも蓋を開けるのも大変で。奥にあるものは取り出しにくく、どこに何を入れたかわからないこともありました。

 

 楽に暮らすには、モノは少ないほうがいい。奥にあるモノを探したり取り出したり、いつか整理しなくちゃと思うことも、ないほうがいい。今まで収納ボックスにしまい込んでいた大切なモノを、本当に大切にしていたのかな?

 

「ただ入れてあるもの」がほとんどでした。

 

そう思った時、入れておけば安心する収納ボックスや片付いている感覚がおきる収納ボックスは手放すことに。

 

「モノを減らしたいなら、収納を減らす」

「きれいに収納したいなら、収納を増やさずモノを減らす」 

 

我が家に残った収納ボックスは1つだけ。

 

f:id:sitaiwakachi:20171226103337j:plain

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村