楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

少ない服で暮らす④~定番服の力

 

 

 フルで働いていた時、好きなように服を買っていました。少しゆっくり家にいたくなりパートになると、前ほど好きなようには買えない・・・苦しいと思う時期がきて。クローゼットには沢山の服があったのに、「欲しい欲しい」と思っていました。

 

家にいる時間が少し出来ると、我が家にはモノが多いと感じるようになり、服の多さにも気づくようになりました。「高かったから」「まだ着れるかも」とすぐに手放すことはできませんでしたが、ある服で新しいコーディネートを考えるようになり、「たぶんもう着ない」という服をみつけられるようになりました。でも、やっぱり欲しくて苦しかった。

 

苦しい時期「これがあるから大丈夫」と思わせてくれた服がありました。それは定番服。定番の服は、シンプルで着回しができて時代を感じさせず長くきれられる。例えばボーダー、白いシャツ、茶系のコート。

f:id:sitaiwakachi:20180403074405j:plain

昔、仕事で出会ったおばあちゃまは、薄紫のきれいな定番セーターをおしゃれに着ていた。もう30年も前のものと笑っていたけど、新品のようにきれいで時代を感させずびっくり。30年は難しくても、こんなふうに長く素敵に着てみたい。これは定番服の力。

 

f:id:sitaiwakachi:20180312130719j:plain

 

「たくさんのもう着ない服」と「少しの着たい服」に分かれていったクローゼット。少しずつ手放しはじめ、徐々にわが家の服は減りました。定番服に助けられ、少ない服で暮らせることを知りました。

 

流行りの服もたまには欲しい・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村