楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

楽な台所~弱火で夕食を作りながら、別の家事をする

 

 

 仕事から帰って、夕食作り以外にも結構やらなきゃいけないことはある。メニューによって、ずっと台所に立っていなきゃいけないものはあるけど、15分~30分くらい弱火で火をかけて時々火加減をみるだけでいい。そんなメニューの日は、料理を作りながら少しだけ他の家事をやってしまう。

 

たとえば、鶏もも肉をフライパンに広げて、弱火より少し強い火で、蓋をせずじっくり焼いている間に、ちょっと散らかった部屋を片づけたり、乾いた洗濯物をしまったり、学校からのお便りや郵便物を整理したり。

 

じっくり表面を焼けば鳥皮カリカリになり、お肉も縮まない。だいたい焼けたら照り焼き味にして、その中にエリンギを手でさいたものと、ブロッコリーを入れて蒸し焼きにすれば、美味しい付け合わせ。あとはレタスとトマトを合わせれば夕食は完成。

 

弱火で夕食を作りながら、他の家事をする。ちょっとのことだけど、後から別々でやるよりずっと楽。

 

f:id:sitaiwakachi:20180213093837j:plain

 

我が家の弱火メニューは、鶏肉のソテー(ももや手羽元)、平日寒い日の簡単お鍋(具の種類は少なくてよい)、ハンバーグ、焼きそば(肉・野菜・麺の順で重ねて蒸し焼きにする)など。

 

毎日続く家事だから、楽にしたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村