楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

定番服のよさ

 

 たくさんの服を持っていました。気づけば、もう何年も手を通していない服や、いつか着るだろうと思う服で、クローゼットがパンパンで、でもなかなか手放すことが出来ませんでした。

 

少ないモノで暮らす気持ちよさに目覚めて、洋服も数年かけて減らすことができました。手放しながら思ったことは、残る服は・・・少し質の良い定番服。残った服は、服が欲しい欲しいと思っていた頃の自分を助けてくれたし、少ない服で暮らせることも教えてくれました。

 

そしてもうひとつ、わかったことは・・・。定番服は次の世代に引き継げるということでした。ちょっと今の自分には、若すぎる?とかサイズが小さくなった?と思う定番服は、もしかしたら子供がもう少し大きくなったら着れる?と残してみたら、正解でした。

f:id:sitaiwakachi:20180316110815j:plain

少し質のよい定番服は、襟や袖がへたりにくいし、何年たっても時代を感じさせない。今子供が大切に着ています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村