楽な家事

毎日続く家事だから、楽にしたい

野菜を楽に使い切る~スライサーは無理しない

 

 ずっと使っていなかった100均のスライサーが便利だと気づいたのはここ数年。大根の薄切りとツナで一品作る時も、キャベツの千切りの時も、包丁を使うよりずっと楽で、もっと早く使えばよかったと思いました。

 

でも、スライサーを使って面倒だと思うことは、スライスしている野菜が残り少なくなった時。残り少ない野菜をシャカシャカして指を切っちゃいそうで怖かったり、キャベツの巻きが柔らかくて、スライスできずに余ったものを包丁で千切りしなくちゃいけない時でした。それがなければ、スライサーは本当に便利。キャベツの千切りはすぐできます。

 

最近は、必要な量がシャカシャカできたら、または無理せず楽にできるところまでシャカシャカしたら終了、余り野菜を作ってもよいことに・・・。

 

スライスしきれなかった余り大根や、巻きがやわらかくて余ったキャベツは、最後にお味噌汁用に切って、ジップロックの袋にいれて冷凍してしまいます。

 

そうすれば、スライス作業も楽だし、明日以降のお味噌汁の具はわざわざ切らなくても、冷凍庫から必要な分をバラバラっと出せばいいだけに。

 

どちらも楽で一石二鳥、ありがたくなりました。

f:id:sitaiwakachi:20200309180256j:plain

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村